【MLB】ドジャース1−3レンジャーズ(6月13日・日本時間14日/ロサンゼルス)

 同じ轍は踏まないとばかりに気合を入れたが…ドジャースの大谷翔平はこの日のレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。エンゼルス時代の同僚だったロレンゼン投手との対戦となったが、3度の対決すべてで抑え込まれるという内容だったが、第3打席では何とかしようという思いが伝わってくるシーンがあった。

【映像】打席内でちょこまか フォークを確認する大谷翔平

 ドジャースが3点ビハインドで迎えた6回裏。レンジャーズの先発ロレンゼンはインコースを変化球でグイグイついてくる攻めの投球を見せてドジャース打線を5回までわずか3安打に抑え込み、この回も先頭打者のベッツ内野手をセンターフライに打ち取っていた。

 1死走者なしでこの日の第3打席に入った大谷。この試合までのロレンゼンとの対戦成績は6打数2安打と決して苦手としているわけではなかったが、この日はセカンドゴロ、レフトライナーと2打席ともに凡退。それだけにこの打席では何とかしようと軽くスイングしてから打席へ入った。

 初球の外角高めに来たボール球のチェンジアップを見送った大谷は打席内で小刻みにステップして打席を外すと、打席に入りながらバットを横にしてスイング軌道の確認をするなど、何かとせわしなくちょこまかと細かな微調整を行っていた。

 スイング軌道のズレがこれまでの凡打の原因となるなら、それを修正したこの打席ではチャンスではと思わせたが、大谷はロレンゼンが2球目に投じた高めのカットボールに手を出してしまい、またも打球はセカンドへのゴロに。これも難なく処理されてアウト。またも凡打でこの打席を終えてしまった。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)