【MLB】ドジャース3−0ロイヤルズ(6月16日・日本時間17日/ロサンゼルス)

 何本打ってもホームランの手応えは格別だ。ドジャース大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場し、3回の第2打席には左中間へ特大137メートルの18号ソロ、6回の第3打席にも2打席連発の19号ソロを叩き込んだ。ダイヤモンドを1周してベンチに戻った大谷には、白い歯がキラリと光る笑顔が。本人も納得の表情だ。

【映像】大谷翔平、HR直後に白い歯がキラリ

 久々に大谷の満面の笑みが見られた。3回の第2打席、1死走者なしの状況からロイヤルズの先発シンガーが投じた真ん中低めのシンカーをフルスイング。打った瞬間、球場全体がホームランと確信するような当たりは、飛距離約137メートルを計測し、左中間スタンド深くまで届いた。

 お決まりの「確信歩き」から、淡々とした表情でダイヤモンドを1周してきた大谷だったが、ベンチに戻り仲間から声をかけられると、途端にニッコリ。白い歯をキラリと輝かせて、その後は親友といわれるテオスカー・ヘルナンデスと打った球種などについて会話をかわすシーンも見られた。

 大谷は6回にも2打席連続の19号を放ち、今季初となる2打席連発。いよいよ「ミスター・ジュン」の本領を発揮してきただけに、これからまだまだホームランも爽やか笑顔も増えていく。
(ABEMA『SPORTSチャンネル』)