【MLB】ロッキーズ9−11ドジャース(6月18日・日本時間19日/デンバー)

 ドジャースの大谷翔平投手がロッキーズ戦に「1番・DH」でスタメン出場。第3打席で145メートル超えの特大ソロを放った。今季のMLB全体でも最長飛距離となる衝撃的な1発だったが、特等席のバックネット裏では話に夢中になりすぎて大谷の打席を見ていなかった女性ファン三人組の振る舞いにも注目を集まった。

【映像】実際の様子

 1カ月ぶりの3安打を放った前日に続き1番で先発した大谷は、2-7とドジャース5点ビハインドの6回、先頭打者としてこの日3度目の打席を迎えた。大谷はカウント2-0からの3球目、インコース寄りにきたスライダーを完璧に捉えると、打球速度113マイル(約181.9キロ)の強烈な弾道がバックスクリーンへと一直線。2試合ぶりの1発は飛距離476フィート(約145.1メートル)、今季自己最長&メジャー最長のホームランとなった。

 この試合の解説を務めた元プロ野球選手の里崎智也氏は、大谷の完璧な1発に「音も良かった。いい打球音がした」と絶賛しつつ、バックネット裏の女性ファンたちにも注目。中継では大谷の打席にもかかわらず自分たちの話に夢中になっており、衝撃の特大アーチを見逃してしまった彼女たちの姿が捉えられていた。これには里崎氏も「せっかくのシーンなのに…」と自分のことのようにがっかりした様子だった。

 なお、この観客は試合終了を待たずして席から姿を消していた。大谷の衝撃弾だけでなく、9回の満塁弾からの3ランというドジャースの大逆転劇も見逃すなんて…なんとも残念な一幕だった。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)