【MLB】ロッキーズ9−11ドジャース(6月18日・日本時間19日/デンバー)

 ドジャースの大谷翔平投手がロッキーズ戦に「1番・DH」でスタメン出場。第3打席で今季自己最長となる145メートル超えの特大アーチを放つと、ホームで大谷の帰還を出迎えたフリーマンに向けて渾身リアクションで“2度”も喜びを爆発させた。

【映像】大谷がフリーマンに“2度”も渾身リアクション

 2-7とドジャースが5点ビハインドの6回、大谷は先頭打者として3打席目を迎えた。大谷はロッキーズ先発左腕ゴンバーの3球目、インコース寄りに甘めに入ったスライダーを一閃。打った瞬間にそれとわかる1発をクアーズフィールドの森のように木が生い茂るバックスクリーンへと叩き込んだ。打球速度113マイル(約181.9キロ)、飛距離476フィート(約145.1メートル)の特大の1発は今季自己最長&メジャー最長となった。

 大谷はダイヤモンドを一周してホームに帰ると、次打者のスミスとハイタッチ。続いて打席の準備をしていたフリーマンに喜びを爆発させるように「イーーッ」という満面の表情を2度も見せた。そして“続けよ”といわんばかりに熱いタッチを交わした。

 大谷の衝撃の特大弾に中継を視聴していたファンも大興奮。「すごい打球」「めっちゃ飛んでるやん」「森にぶち込んだ」「これが観たかった」「すごい飛距離や」「鳥も逃げ出す豪快ホームラン」とインパクト抜群の衝撃弾に対して驚きのコメントが殺到。これで大谷はナ・リーグ本塁打ランキングでオズナに並ぶ1位タイに。また4年連続20本塁打は自身の記録を更新する日本人最長、5度目の20本塁打は松井秀喜氏に並ぶ日本人最多タイとなっている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)