【MLB】ロッキーズ9-11ドジャース(6月18日(日本時間(6月19日))        

【映像】大谷のメジャー最長弾で投手に“異変”

6月18日(日本時間(6月19日)に米・コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われたコロラド・ロッキーズ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で、ドジャースの大谷翔平が今季第20号アーチを放った際に、被弾した相手投手が見せた“珍しい被弾リアクション”が、野球ファンの間で注目を集めている。

2-7、ドジャース5点のビハインドで迎えた6回表・ドジャースの攻撃は、1番の大谷から。その大谷は、マウンド上のロッキーズ先発オースティン・ゴンバーのボールをよく見極めてカウント2-0とすると、続く3球目、内角へと投じられたやや甘めの変化球をフルスイング。すると、その“音だけ”でも十分に着弾を確信させるこの一打は、ロッキーズのセンター、ブレントン・ドイルもすぐさま追うのを諦めるほどの、センターへの豪快弾に。すると打たれたゴンバーは、その凄まじい打球に“敵ながらアッパレ”といったところなのか、マウンド上で満面の笑みを浮かべながら着弾点を眺めるという、珍しい“被弾リアクション”を見せることとなった。

これまでも様々な投手たちの“個性豊かな被弾リアクション”を生み出してきた大谷のアーチではあるものの、そうした中でも珍しいゴンバーの“被弾スマイル”に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「笑ってるwww」「大丈夫かよ…w」「めっちゃ怖いなw」「あんなふうに飛ばされたらもはや笑うしかないやろw」「なんか試合後に大谷には脱帽したとか言ってたらしいで」「野球漫画かよw」「大谷さんならしゃあないぐらいの感じ?w」「大谷さんやしクアーズやしって感じ?」「ロッキーズの投手ってホームラン打たれ慣れてる感じして好きw」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)