【MLB】ロッキーズ 3−5 ドジャース(6月20日・日本時間21日/デンバー)

 打たれた捕手もがっかりの一発だった。ドジャースの大谷翔平投手がロッキーズ戦に「1番・DH」で出場すると初回に先頭打者ホームランとなる今季21号アーチをかける。大谷が打った瞬間、相手捕手のキャッチャーミットが地面にペタン。捕手の落胆する心理状況を示しているかのようだった。

【映像】大谷21号弾→カメラが一瞬捉えたミットの“動き”

 ドジャースの1番打者・ベッツが左手を骨折したことで、ロッキーズとの4連戦すべてに「1番・DH」で出場した大谷が、第4戦の初回に先頭打者アーチを放った。

 初対戦となるブラック投手の投じた4球目のシンカーを捉えると、ライナー性の打球でセンターへ。打球速度101.5マイル(約163.3キロ)飛距離427フィート(約130.2メートル)の一打はフェンスを超えた。

 打った瞬間にホームランを覚悟したのか、グッドマン捕手はボールが来なかった空のミットをそのまま地面にペタン。がっかりした様子でボールの行方を追いかけていた。ブラックも打たれた瞬間から打球を追いかけ呆然。バッテリーともども「やられたー」との心落ちが見える動きだった。

 この一発でドジャース打線が目覚め、5-3で勝利。ロッキーズとの4連戦を3勝1敗で終えた。大谷翔平はこの4試合で18打数8安打2本塁打と正に絶好調。今後、相手バッテリーを落胆させるシーンを何度見られるだろうか。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)