【MLB】ロッキーズ 3−5 ドジャース(6月20日・日本時間21日/デンバー)

 悪夢再び──。ドジャース・大谷翔平投手の先頭打者ホームランを見送ったロッキーズのドイル外野手が、今度はスミス捕手、フリーマン内野手の特大アーチを目の当たりに。全速力で打球を追いかけるも、諦めてしまったのか失意の"絶望ランニング"を見せた。

【映像】フリーマンの豪快弾に“絶望ランニング”の瞬間

 ドジャースとロッキーズの4連戦、最終戦は大谷の自身7度目となる先頭打者ホームランで幕を開けた。今季21号となるソロホームランは打球速度101.5マイル(約163.3キロ)飛距離427フィート(約130.2メートル)の一打に。ロッキーズのセンターを守るドイルがフェンス際まで懸命に追いかけてジャンピングキャッチを試みたが、ボールを掴むことはできず。ドイルは落胆の表情を浮かべていた。

 しかし、ドイルの悲劇はこれだけでは終わらなかった。4回、スミス捕手のホームランもセンター寄りの左中間スタンドへ。102.8マイル(約165.4キロ)、451フィート(約137.5メートル)のあたりを、快足を飛ばして追いかけたがウォーニングトラックの手前ではスピードを緩めて打球を見送った。

 さらにその直後、フリーマンの打席でも一発を浴びる。大谷の打球のように106.7マイル(約171.7キロ)、430フィート(約131.1メートル)の打球がセンター方向に飛ぶと、ドイルはまたも全速力。しかしこちらもウォーニングトラックに入ることにはスピードを緩めて、着弾と共に俯く姿が映し出されていた。

 ドイルにとっては1試合で3本のホームランを見送る辛い1日となってしまった。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)