【MLB】ロッキーズ3-5ドジャース(6月20日(日本時間(6月21日))           

【映像】大谷の先頭打者弾で投手に“異変”

6月20日(日本時間(6月21日)に米・コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われたコロラド・ロッキーズ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で、ドジャース・大谷翔平に見事な先頭打者アーチを打たれた相手投手のリアクションが、野球ファンの間で話題となっている。

この試合も1番・DHでの先発出場となった大谷は、初回に迎えた第1打席で、外角低めで誘いにかかるロッキーズバッテリーに対し、カウント2-1とすると、続く4球目、ほぼ真ん中に甘く入った変化球を見逃さずにフルスイング。すると打球は快音を響かせてセンター方向へと高々と舞い上がりながら、勢い良く伸びる大飛球に。結局、この一打はセンターを守るブレントン・ドイルの懸命のジャンプも及ばず、そのままフェンスを越えて先頭打者アーチとなったが、その着弾が確認できるまでどこか不安げな眼差しで打球を見ていた大谷とは対照的に、打たれたマウンド上のロッキーズの先発タイ・ブラッチは、大谷の迫力あふれる打撃と打球音に圧倒されたのか、打たれた瞬間、驚き、たじろぐようなリアクションをマウンド上で見せることとなった。

試合開始早々に大谷が放った目の覚めるようなこの一打と、相手投手が見せたリアクションに、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「大丈夫かよ」「いきなりだからビビった感じするよなw」「この振りでこの打球音だとビビらないほうがおかしいわ」「大谷さんの一振りって破壊力ありすぎるんよ」「今の大谷さんの調子はビビるわw」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)