【MLB】ロッキーズ3-5ドジャース(6月20日(日本時間(6月21日))        

【映像】大谷、あわや死球でキレた?

6月20日(日本時間(6月21日)に米・コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われたコロラド・ロッキーズ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で、ドジャース・大谷翔平が、あわや死球の厳しい内角球に、声を出して咄嗟に身をかわした姿が、野球ファンの間で話題となっている。

大谷の先頭打者アーチでドジャースが先制し、1-0で迎えたこの試合の2回表・ドジャースの攻撃、2死一、三塁の場面で打席に立った大谷は、外角攻めだった1打席目から一転、ロッキーズバッテリーから厳しい内角攻めをされることとなったが、カウント3-1からの5球目、バッティングカウントで投じられたのは、内角高め、身体スレスレのところへの変化球。するとこの1球に大谷は、思わず声を出しながら、懸命に身を縮めるような動きで死球を回避すると、気遣いを見せる相手捕手の声かけに応じながら、一塁へと歩きはじめることとなった。

こうした厳しい内角攻めと、ギリギリのところで死球を回避した大谷の姿に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「危ねっ!」「めちゃくちゃ怖いな…」「ちょっとキレてる?」「完全に叫んでたよな」「これは叫び谷」「そら声も出るやろ」「打ちに行って、このコースに来ると意外とデッドボールになるからな」「大谷さんってなにげに死球回避テクニック凄まじい」「ギリギリまでボール見えてるから避けられるんやろな」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)