【MLB】ロッキーズ3-5ドジャース(6月20日(日本時間(6月21日))        

【映像】大谷がビビった瞬間

6月20日(日本時間(6月21日)に米・コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで行われたコロラド・ロッキーズ対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で、ドジャース・大谷翔平の先頭打者アーチをキャッチし損ねた相手外野手のリアクションが、野球ファンの間で話題となっている。

この試合の1回表・ドジャースの攻撃、先頭で入った大谷は、カウント1-2からの3球目、甘く入ったほぼ真ん中の変化球を見逃さずに振り抜くと、打球は高々と舞い上がりながら、一直線にセンターへと鋭く伸びる大飛球に。すると、この打球を見たロッキーズのセンター、名手のブレントン・ドイルは、大谷のこの一打を目で追いながら、懸命に背走。そして、フェンス際まで来ると、最後はタイミングを合わせてジャンプ。完璧なタイミングでのジャンプであったことから、中継映像ではドイルがジャンピングキャッチしたかに見え、打った大谷自身もどこか不安げな表情で打球方向を眺めていたが、実際にはドイルの差し出したグラブのわずかに先をすり抜けるようにフェンスオーバー。センターのフェンス内側に設けられている庭園部分へと飛び込む先頭打者本塁打となった。

すると、わずかに及ばずキャッチし損ねたドイルは、名手なりの“手応え”があったのか、キャッチし損ねた直後にグラウンド上へと座り込むと、なんとも落胆した様子で頭を抱える姿を披露。こうしたドイルの姿に、ネット上の野球ファンからは「届くのがすげえなw」「無茶しやがって」「惜しい!これは惜しいわ」「ドイルってほぼ毎日好プレーするな」「ホント新庄の現役時代みたいに華がある動きだわ」「大谷さんもドイルなら捕られるかもって思いながら走ってたっぽいなw」「捕れなかったけどナイスプレー」「やっぱこういう全力プレーは気持ちいいわ」「この打球を捕り損ねてここまでガッカリできるというのがスゴいよな。捕れると思ってたっていうことやし」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)