【MLB】ドジャース2-3エンゼルス(6月21日(日本時間(6月22日))        

【映像】大谷、見たことない“謎の表情”

6月21日(日本時間(6月22日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ロサンゼルス・エンゼルスの一戦で、ドジャース・大谷翔平が先制アーチを放った際に見せた“お茶目な様子”が、野球ファンの間で話題となっている。

0-0の同点で迎えたこの試合の5回裏・ドジャースの攻撃、2死一塁の場面で打席に立った大谷は、カウント1-1からの3球目、真ん中やや外寄りに甘く入ったストレートを見逃さずに振り抜くと、打球は凄まじい快音を響かせながらセンター方向へ高々と舞い上がり、そのまま瞬く間にセンター右の深いところへと着弾する豪快なアーチに。すると大谷はダイヤモンドを一周後、本塁へと到達。上機嫌なステップでベンチへと引き上げていくこととなったが、その際に、2つ後ろの3番を打つフレディ・フリーマンに対し、ユニークな表情を見せながらハイタッチ。沸き起こる嬉しさを周囲に振りまきながらの“ご帰還”となった。

こうした大谷の“お茶目な様子”に、日米の大谷ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「えっ?w」「さすがに反則でしょ」「なんやこの顔w」「なかなか新しいな」「フリーマンびっくりするだろw」「これはお茶目谷さん」「ここまでの変顔なのに見てるこっちが嬉しくなる不思議さよw」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)