歌手の華原朋美が、9月26日に放送されたABEMAのバラエティ「チャンスの時間」で行なわれた「女性の本音ラブソングSP!」に初出演。赤裸々な“本音ラブソング”を披露し、見事初優勝を果たした。

 26日放送のお笑いコンビ・千鳥が番組MCを務める「チャンスの時間 日曜日お引っ越し記念2時間スペシャル」で行なわれたのは、「女性の本音ラブソング!」。4人の女性芸能人が、知られざる女性の気持ちを歌い上げる同大会に、“平成の歌姫”と称された華原も満を持して初参戦を果たした。

▶見逃し配信中:華原朋美が本音ソングを熱唱!チャンスの時間2時間SP

 ノブに意気込みを尋ねられた華原は、「精一杯の自分のエッチを発揮しに来ました」と気合十分。さらにノブが、8月に結婚を発表したばかりの華原を「ご結婚おめでとうございます」と祝福すると「その旦那とのエッチについて、色々と……」と返答し、本気度の高さをうかがわせた。

 まず華原は、夫との出会いを歌詞にした「I’m pride」を披露。「初めて会って仕事の話したとき、エッチのことしか考えてなかった」といった心に秘めていた思いを歌い上げると、千鳥の2人は大笑い。大悟からの「打ち合わせ中にイッてた?」との際どい質問にも、華原は「完全に」とためらうことなく答えた。

 続く2回戦で華原が歌ったのは「I’m サラブレッド」。「趣味の乗馬のあと私の部屋で私から誘って結ばれた というか乗馬をしながらエッチのことしか考えてなかった」という「I’m pride」と同様のセンセーショナルな内容に、大悟とノブはまたも大爆笑。しかし、大悟が「それだけ愛してるっていうか、本当に大好きだよっていう歌ですもんね」と告げると、華原は「そうですね。こんなに好きになった人いないんで。どん底も味わってきた中で、こんなに愛する人ができたんだってことも嬉しくて……」と幸せいっぱいの現況を報告した。

 なお、「女性の本音ラブソングSP!」で優勝を飾ったのも華原だった。審査員の大悟は、優勝の決め手について「会議室でまだヤッたことのない男と喋ってるだけでイカされた。それはやっぱり(自分には)ない経験だった。それに勝てるんは、本音という意味ではないかなと思って」と説明。その言葉を聞いた華原は、感無量の様子で「いっぱい(歌詞を)書いたんですよ」と笑顔を見せつつ、「エロすぎてダメだって言われた。まだブレーキかけてますね」と“女性の本音ラブソング”の制作秘話を明かしていた。