南米を横断する旅に出発した東出昌大が、同行する番組ディレクターと金銭面で対立する場面があった。

【映像】金遣いを指摘されブチギレる東出

 5月18日(土)夜9時より、『世界の果てに、東出昌大置いてきた』Episode1がABEMAにて放送された。本番組は、昨年話題を呼んだ『世界の果てに、ひろゆき置いてきた』の第2弾。前作では、言論界で大暴れする日本一ロジカルな男・ひろゆき(西村博之)を、論理の通じない過酷な世界に10万円だけ渡して放り込んだらどうなるのか?というテーマのもと、アフリカの砂漠に置き去りにされたひろゆきが、アフリカ大陸を横断する旅に密着した。第2弾では、前回ひろゆきの旅のパートナーを務めた東出昌大が、エクアドル・プラタ島に置き去りにされ、南米を横断する旅に出発。なお、使って良い移動手段はローカル路線バス、ヒッチハイクなど基本的に陸路のみとなっている。

 エクアドルの沖合40kmに浮かぶプラタ島に連れてこられ、旅のスタートを切った東出。最初の難関になるかと思われた島からの脱出は、無料で観光船に乗せてもらえるというラッキーな展開を迎え、順調な滑り出しとなった。東出と豊川ディレクターを乗せた船は、プエルト・ロペスという港町に到着。翌日は、現地で出会った男性が観光客を相手に行っている、海釣りツアーに参加した。

 その日の昼食は、男性の隣家へお邪魔し、釣った魚で料理を作ってもらうことに。飲み物は男性の甥っ子が買ってきてくれることになった。すると東出はソフトドリンクに加え、ビールの買い出しもお願い。豊川ディレクターが「これ、あれですか?」と遠慮がちに尋ねると、東出は「ABEMAポケット。そりゃそうでしょ」ときっぱり言った。本番組では、現地の人との食事代は、東出に支給された旅の資金から捻出するのではなく、ABEMAポケットから支払うというルールが存在する。実は前日の夕食時も、東出はこのルールを大いに活用。前出のツアー業者の男性とレストランで食事をし、さまざまな魚介料理を堪能した結果、165ドル(日本円で約2万4000円)をABEMAポケットから支払っていたのだった。

 東出の金遣いに不安を抱いた豊川ディレクターは「ABEMAポケット乱用しすぎじゃないですか?」と指摘。これに東出が「いや、でも無理よ。個人の旅資金でビール10本と食費っていったら、一瞬で破産しますよ。俺ペルー行けなくなっちゃうよ」と反論すると、豊川ディレクターも「現地の人と一緒に食べるならいいですよって話ですよね。今、我々用に作ってあげようって感じじゃないですか」と言い返した。

 しかし、東出が「ウィンストンさん(ツアー業者の男性の仮称)、一緒に食べるんじゃないですか?一緒に食べればいいんでしょ?」と詰め寄ると、豊川ディレクターは徐々に勢いを失っていく。一方、東出の怒りはさらにヒートアップ。「私利私欲のために自分たちに高額なものを買おうとか、お土産を買おうとか、そういうことで使っているんじゃなくて、安宿を探して、安い食事をとりながら移動して、最低限の生活をしてるわけじゃないですか。その中で払うお金がなくなったら、イベントがなくなって、移動だけに徹するわけじゃないですか。イベントがあった時には払ってもらうっていう体制を確固としたものにしないと、イベントを怖がって人と接しないで、部屋でポテトチップス食べながら翌日のバスを待つ生活になっちゃうんですよ」とまくし立てた。

 最後に東出は「だからABEMAポケットの乱用ということではなく、イベントがあって払えるだけ良かったなっていう方向に気持ちを持って行った方がいいと思う」と自身の主張を締めくくり、「いかがですか?」と質問。豊川ディレクターは反論の余地もなく「おっしゃる通りです」とうなずき、完全に論破されていた。