稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾が、SMAP時代のハードすぎる日々を振り返り、「心と体の健康は保ってなかった」と明かす一幕があった。

【映像】稲垣・草なぎ・香取がプライベートを明かさない理由

 ABEMAにて5月19日(日)に放送された『ななにー 地下ABEMA』#26では、大注目のグルーバルボーイズグループ・INIが登場。そんな彼らが、男性ユニットの大先輩である稲垣・草なぎ・香取にガチ悩み相談を行った。

 メインボーカルで個人ではラジオのパーソナリティーも務める髙塚大夢は「一番多忙だった時はどんなスケジュールでしたか? それをどう乗り越えましたか?」という質問を繰り出した。

 今年デビュー3周年を迎え、3月にドーム公演を成功させたINIは、レッスンやライブなどで多忙な日々を送っているという。髙塚は「ありがたいことにお仕事をたくさんいただいていて、良くも悪くもオフが全然ないんです。プライベートの時間が作れないから、“シンドイなぁ”と思う時もあるんですけど、でも御三方の忙しい時は本当にすごいと思うから、その時の話が聞きたいです」と語った。

 稲垣が「どのくらいオフがない?」と聞くと、髙塚は「最後のオフが年明け(※4月7日時点)」と明かし、リーダーの木村柾哉は「1ヶ月に1回あったらラッキー」と補足した。

 これを受け、稲垣は「僕らも2〜3ヶ月休みないことはあった。デビュー当時は、今と違って深夜まで仕事あったりとか、朝までスタッフも僕らも働いていたからね。今と時代が違うから」と語ると、香取は「働き方が改革される前」と言葉を添えた。

 続けて、香取が「レギュラー番組にドラマと映画と…」とSMAP時代の超多忙な仕事内容を振り返ると、進行役のEXIT・りんたろー。は「どうやって心と体を保ってたんですか?」と聞き、香取は「保ってなかったね」と即答した。

 その上で、稲垣は「そんな中でちょっとした時間がうれしいじゃん。夜帰ってきて、自分の時間が1〜2時間あるだけで。そんなでも結構リフレッシュできたけどね」と明かした。

 続けて、香取が「でもさ、3年前さ、“時間がなくなるくらいに忙しくなりたい”って思ってなかった?」とINIメンバーに問いかけると、髙塚は「思ってましたね」と返した。香取は「それが今叶ってるじゃん」と述べた。

 さらに、香取が「入り時間が被ってたときあった。終わり時間にまた別の仕事が入ってるの。その辺はきつかった」と超多忙だった頃のスケジュールを明かすと、INIの面々は「レベルが違う…」と騒然。また、草なぎは、1番多忙だった時のことは記憶喪失してしまっているようで、「あんま記憶ないよね。忙しすぎて」「風呂の中で溺れそうになった時はある。寝ちゃって。寝て、風呂が冷たくなってたり」と明かした。

 りんたろー。が「でも忙しい時期があったから、今がある?」と聞くと、香取は「そりゃそうだよ! 本当に嫌なら辞めちゃうよ。辞めないでいるからここにいる」と力を込めた。
(ABEMA「ななにー 地下ABEMA」より)