「僕がオイタしたっていうことが、別れる直接の原因だったけど」東出昌大が離婚後、離れて暮らす子どもたちへの想いを語った。

【映像】現在の交際相手は?東出昌大が回答

 5月19日(日)夜9時より、『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』がABEMAにて放送された。

 言論界で大暴れする日本一ロジカルな男・ひろゆき(西村博之)を、論理の通じない過酷な世界に、10万円だけ渡して放り込んだらどうなるのか?そんなテーマのもと、アフリカ・ナミビアの砂漠に置き去りにされたひろゆきが、アフリカ大陸を横断する旅に密着した『世界の果てに、ひろゆき置いてきた』。その第2弾となる本作では、前回ひろゆきの旅のパートナーを務めた東出昌大が、エクアドル・プラタ島に置き去りにされ、南米を横断する旅に出発。ひろゆきは2日目から合流した。なお、使って良い移動手段はローカル路線バス、ヒッチハイクなど基本的に陸路のみとなっている。

 南米旅3日目、東出と前日から合流したひろゆきは、エクアドル最大の都市・グアヤキルに降り立った。ショッピングモールのフードコートで夕食をとった後、一行はホテルへ。酒を飲みながら、ざっくばらんに会話を交わした。そのなかで、旅に同行する豊川ディレクターが「東出さん、再婚の気配は?」と尋ねると、東出は「無い」と断言し、「しみったれたこと言うようだけど、人を幸せにできる自信がない」と本音を吐露。さらに「マジな話、子は親を選べないと思うんですよ」と切り出し、再婚に否定的な理由を語った。

 2020年に離婚した杏との間に、双子の女児と男児、3人の子どもを授かっている東出。「僕がオイタしたっていうことが、別れる直接の原因だったけど」と前置きしつつ「もしうちの娘たち、息子が大きくなったときに、お父さんのところだったらいつでも来ていいよって言える親父でいたいんですよ。だから新しい家庭を持つことは全然考えていない」と父親としての考えを明かしていた。