元KAT-TUN・田口淳之介が、元メンバーとの関係性について「辞めてから…」などと告白するヒトコマがあった。

【動画】元KAT-TUN・田口、現在の恋人について口を滑らす瞬間

 『愛のハイエナ2』は、 “愛”をテーマに人間の『欲望』をあぶり出し、つい覗き見したくなる“瞬間”にしゃぶりつく遠慮を知らないドキュメントバラエティ。ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)がMCを務め、さらば青春の光(森田哲矢、東ブクロ)がレギュラー出演する。この日のゲストには華原朋美と元KAT-TUNの田口淳之介が登場した。

 美女インフルエンサーばかりが働いていると話題のキャバクラ「六本木 JUNGLE TOKYO」。客単価は日本一。今、一番金が飛び交うといわれているキャバクラは、いったいどんな場所なのか、加護亜依が潜入調査に向かった。

 源氏名を“かごち”と名付け、髪をセットしてドレスに着替えた加護。髪をアップにまとめ、黒地に白のドット柄の超ミニワンピ、黒のストッキングというキャバ嬢姿に変身。高級シャンパンを次々にゲットする様子やアイドル時代の曲を熱唱する姿にスタジオが大盛り上がりした。

 スタジオでは、屋敷から「キャバクラに行ったことはありますか」という質問が投げかけられた。田口が「行ったことはあります」と回答すると、華原は「ええ!ショック〜」と声を上げた。すると田口は「知り合いの社長さんの付き添いで行ったりとかはあります」と付け加えた。

 2016年春にKAT-TUNを脱退し、事務所も退所した田口。続けて屋敷から「元メンバーのかたと飲んだりすることはありますか」と聞かれると、「やめてから1回も連絡も取ってないです。辞めたのが7〜8年前」と明かした。メンバーとの仲について尋ねられると、「良かったですよ。自分の方向性の違いで、脱退させてもらって。そのときもいろいろしゃべりました。別に仲が悪かったわけではないです」とメンバーとの不仲が原因で脱退したわけではないと語った。