元KAT-TUN・田口淳之介が、現在の恋人の存在をうっかり明かしてしまうヒトコマがあり「これはヤバいな…」と苦笑いした。

【動画】元KAT-TUN・田口、現在の恋人について口を滑らす瞬間

 『愛のハイエナ2』は、 “愛”をテーマに人間の『欲望』をあぶり出し、つい覗き見したくなる“瞬間”にしゃぶりつく遠慮を知らないドキュメントバラエティ。ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)がMCを務め、さらば青春の光(森田哲矢、東ブクロ)がレギュラー出演する。この日のゲストには華原朋美と元KAT-TUNの田口淳之介が登場した。

 美女インフルエンサーばかりが働いていると話題のキャバクラ「六本木 JUNGLE TOKYO」。客単価は日本一。今、一番金が飛び交うといわれているキャバクラは、いったいどんな場所なのか、加護亜依が潜入調査に向かった。源氏名を“かごち”と名付け、髪をセットしてドレスに着替えた加護。髪をアップにまとめ、黒地に白のドット柄の超ミニワンピ、黒のストッキングというキャバ嬢姿に変身。高級シャンパンを次々にゲットする様子やアイドル時代の曲を熱唱する姿にスタジオも大盛り上がりした。

 VTR終了後には、「異性に高額なプレゼントをした経験はありますか」という質問が田口に投げかけられた。上を向いて「なんだろう」としばらく考えたのちに「車…」と答えた田口。これにスタジオメンバーは「え!車!?」と一斉に声を上げた。田口は「それは、必要なので。一緒に住んでましたし。生活で必要だったので」と説明した。

 金額を聞かれると「300万円くらいですかね」とのことで、車種は「ベンツのB-Class」だと明かした。さらに「そのB-Classが、この前、お勤めご苦労様となって新しい車に代わって。やっぱ、思い出っていいなって」と意味深発言をすると、森田はすかさず「それは彼女が持って行ったってことですか、別れたときに」と質問した。

 すると「別れてないですよ」と正直に答えた田口。華原から「前じゃなくて、今なんですね」、森田から「今のってことですね」と、今の恋人の存在を確認されると、手で口を押えて「これは、ヤバいな」と苦笑いした。