黒沢咲、女性Mリーガー2人に競り勝ち リーグ残留に半歩前進/麻雀・鳳凰戦A2リーグ第8節B卓

 日本プロ麻雀連盟の最高峰タイトル「鳳凰位」へとつながる第35期鳳凰戦A2リーグの第8節B卓が10月22日、東京都・夏目坂スタジオで行われ、黒沢咲が+20.0で卓内トップを取った。

 プロ麻雀リーグ「Mリーグ」、TEAM雷電のメンバーとしても活躍する黒沢は、同じくEX風林火山の二階堂亜樹、セガサミーフェニックス・魚谷侑未といった、女性Mリーガー2人と同卓。1、2回戦で大きくリードを奪うと3、4回戦でなんとか振り切り、例年以上に接戦が予想される残留争いから、半歩抜け出すことに成功した。多忙な日々を送る黒沢だけに、「大事な対局が続いているので、とても疲れました」と、しみじみと語っていた。

【試合結果】

1位 黒沢咲 +20.0
2位 西島一彦 +14.2
3位 二階堂亜樹 ▲1.2
4位 魚谷侑未 ▲36.0

 ◆鳳凰位 日本プロ麻雀連盟のタイトルの1つで、30年以上の歴史がある同連盟最高峰タイトル。A〜Eまで計11のリーグに分かれている。A1は12人で行われ、上位3人が前年度の鳳凰位と半荘16回戦でタイトルを争う。

 ◆日本プロ麻雀連盟 1981年に設立。森山茂和会長。ベテラン・中堅・若手と各大会・メディアで活躍するプロが多数所属する。現在の所属プロは業界最大規模となる600人以上。2016年に行われた「麻雀プロ団体日本一決定戦」でも優勝した。主なタイトル戦は鳳凰位、十段位、麻雀グランプリMAX、王位戦、麻雀マスターズ、女流桜花、プロクイーンなど。
(C)日本プロ麻雀連盟チャンネル ※画像はFRESH LIVEから


関連記事

おすすめ情報

AbemaTIMESの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る