北朝鮮の飛翔体発射を受けアメリカ軍は、弾道ミサイル技術を活用した発射だと強く非難しています。

【映像】空中爆発した北朝鮮の偵察衛星

 北朝鮮は28日午前0時過ぎ、朝鮮中央通信を通じて、「西海衛星発射場から偵察衛星『万里鏡1-1』を新型衛星運搬ロケットに搭載し発射した」と報じました。ロケットは「1段目の飛行中に空中爆発し、失敗した」と明らかにしています。原因について「新開発の液体酸素と燃料エンジンの動作信頼性」としています。

 アメリカのインド太平洋軍は27日、大陸間弾道ミサイル技術を活用し発射したとして、複数の国連安保理決議に対する「明白な違反だ」と非難しました。

 周辺地域の緊張を高め、安全保障の環境を不安定化させると指摘しています。(ANNニュース)