北朝鮮と中国がバスケ親善試合、元NBAの姚明氏も出席 平壌

北朝鮮と中国がバスケ親善試合、元NBAの姚明氏も出席 平壌

【AFP=時事】北朝鮮の首都平壌で11日、同国と中国のバスケットボールチームの親善試合が行われた。融和ムードが高まる両国の一戦には、米プロバスケットボールの元スター選手である姚明(ヤオ・ミン)氏が出席した。

 NBAオールスターゲームに8度出場したことがある姚明氏は、中国の代表団の一員として訪朝しており、試合後には両国の選手たちと写真撮影に応じた。

 現役時代はヒューストン・ロケッツで活躍した姚明氏は、2メートル29センチというNBAで最も身長の高い選手の一人だった。

 度重なる足の故障で引退を余儀なくされたが、8シーズンに及ぶNBAでのキャリアでグローバル親善大使を務めた同氏は、現在も競技の普及活動を続けているほか、中国バスケットボール協会のトップも務めている。【翻訳編集】AFPBB News


関連記事

AFPBB Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索