メイウェザー、那須川天心との大みそか戦は「楽しませることが全て」

メイウェザー、那須川天心との大みそか戦は「楽しませることが全て」

【AFP=時事】ボクシングの元世界王者フロイド・メイウェザー・ジュニアとの一戦について「楽しませることが全て」だとの認識を示した。

 米ラスベガスの練習拠点で記者会見を開いたメイウェザーは、「一味違う」試合のモデルとなる可能性がある、さいたまスーパーアリーナでのファイトを楽しみにしていると話した。

 今回のエキシビションマッチは3分3ラウンドのボクシングルールで行われることになっており、フルラウンドを戦いきった場合の判定はない。また、ジャッジの立ち合いはなく、勝敗は公式記録として残らないことになっているほか、体重リミットは147パウンド(66.68キロ)で、8オンス(226.8グラム)のグローブが使用されるという。

 メイウェザーは「楽しませることが全てだ」「9分間のエンターテインメント。俺はエンターテインメントビジネスの世界にいる」とコメント。同選手の広報担当者もニュースリリースで、「これは真剣勝負になるが、ボクシングや総合格闘技の記録には残らない」と述べている。

 一方、フェザー級キックボクサーとして27戦無敗を誇る20歳の那須川もラスベガスでの会見で、日本国民が今回のイベントで自分を応援してくれることを期待していると明かし、「まず日本人でメイウェザー選手と戦ったことのある選手がいないので、そういう中で日本のアスリート代表として立ち向かいたい」「格闘技界をはじめ、日本全国や世界中をこのファイトにひきつけたい」とコメントした。【翻訳編集】AFPBB News


関連記事

AFPBB Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索