GS24勝目指すセレーナはタフなドロー、大坂はリネッテと初戦 全豪OP

GS24勝目指すセレーナはタフなドロー、大坂はリネッテと初戦 全豪OP

【AFP=時事】全豪オープンテニスは10日、女子シングルスのドローが発表され、歴代最多タイとなる四大大会(グランドスラム)通算24勝目を目指す米国のセレーナ・ウィリアムスは、世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)らが待ち受ける厳しい組み合わせに直面した。

 今大会に第16シードとして臨むセレーナは、マーガレット・コート氏が持つグランドスラムのシングルス最多勝利記録と通算8回目の大会制覇を目指している。しかし、4回戦ではハレプと対戦する可能性があり、仮に勝ち上がったとしても準々決勝では第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)と激突するとみられる。

 セレーナは1回戦の相手がドイツのタチアナ・マリアに決まり、2回戦ではワイルドカード(主催者推薦)で出場する中国の彭帥(ポン・シュアイ)と、カナダのユージェニー・ブシャールの勝者と対戦することになる。

 一方、腰に故障を抱えてここ4か月間でわずか1試合しかプレーしていないハレプは、エストニアのカイア・カネピと1回戦で顔を合わせることになり、昨年の全米オープンテニス初戦で敗れた雪辱を果たす機会を獲得。この油断できない初戦を突破した後、順当にいけばヴィーナス・ウィリアムス(米国)と3回戦で当たる可能性がある。

 その他では、大会連覇を目指す第3シードのキャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が、アリソン・バンアーツバンク(ベルギー)との初戦で大会の幕を開けることになり、3回戦では2008年大会覇者で第30シードのマリア・シャラポワ(ロシア)と対戦する可能性が高い。

 2016年大会の優勝者で第2シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)は、ポロナ・ヘルツォグ(スロベニア)との初戦を引き当て、準決勝ではウォズニアッキと激突するとみられる。

 第4シードで全米オープン覇者の大坂なおみは、ポーランドのマグダ・リネッテとの初戦でスタートし、2回戦ではオーストラリアのダリア・ガブリロワとプレーすると思われる。 【翻訳編集】AFPBB News


関連ニュースをもっと見る

関連記事

AFPBB Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索