米大学の二刀流選手、NFL選択を表明 MLB球団との契約破棄

米大学の二刀流選手、NFL選択を表明 MLB球団との契約破棄

【AFP=時事】アメリカンフットボールと野球の二刀流選手である米オクラホマ大学のカイラー・マレーが11日、同国大リーグでプレーするのではなく、ナショナル・フットボール・リーグのQBになる夢を追求すると表明した。

 野球では外野手としてプレーする21歳のマレーは、昨年のMLBドラフトでオークランド・アスレチックスから全体9位指名を受け、15日までにチームキャンプに参加する予定となっていた。

 全米大学フットボールでプレーし、年間最優秀選手に贈られる2018年のハイズマン賞も受賞したマレーは、野球選手として得るはずだった433万ドル(約4億8000万円)の契約を破棄し、自身の決意をツイッターで明らかにした。

「NFLのQBになるべく、信念を持ちながら全力で自分の人生と時間を費やしている」「これまでの全人生において、アメフトに愛情と情熱を注いできた。自分はQBとしてプレーするために育てられた。史上最高のQBになって優勝するために、自分自身の100パーセントをささげることをとても楽しみにしている」

 4月25日に行われるNFLドラフトを見据え、マレーはインディアナポリスで26日から開始されるNFLスカウティングコンバインに参加する予定。ドラフトでは1巡目指名が確実視されており、契約金は2000万ドル(約22億円)〜3000万ドル(約33億円)に上るとみられている。

「間近に迫るNFLワークアウトとインタビューに関して準備を進めるために、集中トレーニングプログラムを開始したところだ」「今年のドラフトで自分がフランチャイズQBにふさわしい選手であることを、NFLのスカウトに証明していく機会を心待ちにしている」

 アスレチックスは先月ダラスでマレーと面会し、野球でのキャリアを歩むよう説得を試みていた。違約金は発生しない見通しだが、マレーの決心が変わった場合に備えて同選手の野球選手としての権利、資格は保持していくという。 【翻訳編集】AFPBB News


関連ニュースをもっと見る

関連記事

AFPBB Newsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索