伝統の稚児舞奉納 白浜の堅田八幡神社

伝統の稚児舞奉納 白浜の堅田八幡神社

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前は伝統の稚児舞「やつはち」が奉納された=写真。

 稚児役は毎年、就学前の男児4人が務める。1年目は「月輪」、2年目は「日輪」、3年目は「獅子」。4年目が控えの「雇われ」で、他の3人が出られない際に演じる。

 やつはちは神社近くの福田谷地蔵堂、民家、境内の3カ所で奉納された。地蔵堂から神社までは、稚児の足が地面につかないよう肩車をして、笠鉾(かさほこ)などとともに渡御した。

 額と両頬に紅を塗った男児3人は、太鼓の音に合わせ「右回り」「左回り」「片膝付き」などの動作を繰り返し、「よいしょー」の掛け声で抱き上げられた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索