再びスイセンの名所に 樫野埼で植え替え作業

再びスイセンの名所に 樫野埼で植え替え作業

 和歌山県串本町は8日、同町樫野の灯台そばにある樫野崎園地でスイセンの植え替え作業をした。町を訪れる観光客は増えており、樫野崎周辺も人気になっている。関係者は「この場所がスイセンの名所として再び注目が集まればいい」と期待している。

 以前は10万本を超えるスイセンがあったが、株が密集して花が咲きにくくなっていたため、町が住民らと協力して2016年度から植え替え事業を進めている。

 8日の作業には住民や町職員、南紀串本観光協会の職員ら計約30人が参加。約200平方メートルの園地に、スイセンの球根を20センチほどの間隔で植えていった。約1時間半で作業を終えた。土の入れ替えは、事前に業者へ委託していた。

 この日植えたスイセンは、2年後には特にきれいに咲くという。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索