初雪舞う中465人完走 田辺市龍神の木の郷マラソン

初雪舞う中465人完走 田辺市龍神の木の郷マラソン

 和歌山県田辺市龍神村で9日、第31回龍神温泉木の郷マラソン(実行委員会と龍神観光協会主催、紀伊民報など後援)があった。遠くは神奈川県からの参加もあり、初雪が舞う中、ランナーはゴールを目指して力走。完走後は龍神温泉に入浴して疲れを取った。

 龍神村龍神の宿泊施設「季楽里龍神」を発着点に日高川沿いを走る3キロ、5キロ、10キロ、ハーフマラソンの4部門で実施。性別や年齢別の計36種目でタイムを競い465人が完走した。

 開会式では大阪府吹田市から参加した東花音さん(11)、美月さん(9)、龍成君(5)のきょうだいが少し緊張気味に選手宣誓。全員で龍神温泉美人体操で体をほぐした。

 競技はハーフマラソンの部から始まり、2種目で大会新が出た。人気のファミリーの部(3キロ)は30組が出場し、親子が手をつないでゴールした。優勝した田辺市宝来町の公務員、石橋孝洋さん(43)は雪乃さん(8)と親子で走り「初めて参加した。来年も走りたい」と笑顔を見せた。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索