アユへの影響が心配 少雨で富田川干上がる

アユへの影響が心配 少雨で富田川干上がる

 昨年10月以降、和歌山県紀南地方の雨が少なく、富田川では近年にない大きな瀬切れが起こっている。漁協関係者は「昨秋から雨が少なく、アユのふ化と流下がうまくいったか心配だ。遡上(そじょう)が始まるまでにまとまった雨が欲しい」と気をもんでいる。

 アメダス観測点のデータによると、富田川上流の栗栖川(田辺市中辺路町)では、昨年10月の降水量が98・5ミリと平年値(171・2ミリ)を大きく下回った。11月はさらに少なく、平年値の3割ほどの39・5ミリだった。12月は79・5ミリで平年値をわずかに上回った。1月に入ってからもまとまった雨は降っていない。

 富田川漁協によると、富田川では11月後半から瀬切れが広がったという。上富田町生馬から市ノ瀬までの広範囲で起こっている。市ノ瀬橋から見ても下流域は水が確認できない状態。同漁協は「少しぐらい降っても地中にしみこんでしまう。これほどひどいのは近年なかった」と話し、今春のアユの遡上に影響しないか心配している。

 県内水面試験地(紀の川市)は「いまの瀬切れは、海にいる稚アユに直接影響はないと思うが、遡上時には水量が必要になる」と話している。


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

AGARA 紀伊民報の他の記事もみる

関西の主要なニュース

和歌山 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索