和歌山県田辺市の山中で、絶滅が心配されているキバナチゴユリ(黄花稚児百合、イヌサフラン科)が、淡黄色の花をひっそりと咲かせている。
 山林に生える多年草で、茎の長さは20〜30センチほど。花の長さは約15ミリで大きくは開かず、斜め下向きに咲く。
 田辺市ではごく限られた場所でしか見ることができない。県内では高野町などでも見られるが、もともと数が少ない上、園芸用採取によってさらに激減している。県のレッドデータブックで絶滅危惧1B類に分類されている。