和歌山県は17日、県内で新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。50日ぶりに5人以下となったが、かつらぎ町の工場と和歌山市のスポーツジムをクラスター(感染者集団)に認定。クラスターは56件になった。
 保健所管内別の新規感染者は和歌山市2人、御坊と岩出が1人ずつ。
 化粧品などを製造するかつらぎ町の「日進化学和歌山工場」では8人のクラスターとなった。県の検査で社員4人の感染が分かっていたが、同社は工場の社員全員に対象を拡大し、約200人を自主検査した。これにより、10〜60代の女性社員4人の感染が新たに分かったという。この4人は検査地の東京都で計上した。
 また、15日までに感染が分かった7人は、和歌山市のスポーツジム「フレックス」の利用者だったことが判明した。4月29日〜5月17日に利用した会員約750人を検査する。更衣室の利用やレッスンで感染につながった可能性があるという。
 感染者の累計は2487人で、このうち10人が新たに変異株によるものと判明。変異株感染者は630人になった。