和歌山県は28日、8月第3週と第4週に国から県内市町村に合計71箱(1箱1170回分)の新型コロナウイルスワクチン(ファイザー製)が配分されることになったと発表した。
 これで、12歳以上の県民約87万人の67・4%が2回接種できる量が確保される見込みとなった。62・6%だった第2週までより、5ポイント程度増えた。