和歌山県は15日、県内で新たに1447人(みなし陽性患者19人含む)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また11日から14日にかけて70〜90代の男女合わせて6人の死亡を確認した。
 新規感染者の保健所管内別は和歌山市777人、海南70人、岩出130人、橋本90人、湯浅99人、御坊69人、田辺156人、新宮56人。
 亡くなった6人のうち5人は和歌山市在住者で80代男性2人と70代男性2人、90代女性1人。もう一人は湯浅管内の90代女性だった。
 新たなクラスターは5件。和歌山市の病院で11人、同市内の別の病院で9人、新宮管内の特別養護老人ホームで25人、湯浅管内の特別養護老人ホームで18人、田辺管内の障害者支援施設で20人の感染を確認した。
 15日時点の入院者は372人で、病床使用率は68・9%となった。