“難易度1位”の2ホールを攻略 藤本佳則が首位と2打差に浮上

“難易度1位”の2ホールを攻略 藤本佳則が首位と2打差に浮上

<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇9日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

2アンダー・9位タイから出た藤本佳則が、首位と2打差の暫定3位に浮上した。悪天候のためサスペンデッドとなった第2ラウンドでは、12ホール消化時点で1イーグル・3バーディ・2ボギーと、スコアを3つ伸ばす勢いを見せた。


チップインイーグルを決めた3番・パー5もさることながら、注目したいのが6番(510ヤード)、11番(505ヤード)のバーディだ。この2ホールは、パー5だったものが距離は変わらず今年からパー4に変更された。

右ドッグレッグの6番は、ティショットのランディングゾーン左側にバンカーが新設され、グリーン右手前には大きな池が待ち構える。11番も距離が長い上に、ティショットでは左右に新設されたバンカーに注意が必要だ。初日には松山英樹が6番でセカンドを池に入れてダブルボギー、11番ではティショットを林に入れるなどしてボギーと、この2ホールで「+3」と苦戦。初日のバーディ数は、6番が4人、11番が3人のみ。対パー(平均ストローク数-ホールの基準ストローク数)はともに「+0.417」と2ホールそろって難易度1位となった。

「比較的ショットが安定しているので、そのあたりがよかった」と余裕の笑顔を浮かべた藤本だが、6番では左のラフから打ったセカンドを2mにつけてバーディを奪うと、11番はティショットをフェアウェイにおいて、20ヤード右手前のフェアウェイから打ったアプローチがカップイン。「難しくなっていると思います。バンカーがたくさんあるので、ティショットが狭く見えたり、今までと大分印象が変わっています」としながらも、難関ホールをきっちりおさえて順位を上げた。

明日は8時から第2ラウンドが再開。首位と2打差から追いかける。「長い1日だと思うので、頑張ります」。2013年の「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central」以来の優勝に向けて、長丁場を戦い抜く。(文・谷口愛純)

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索