今平周吾にマスターズ特別招待、日本人では13年の石川遼以来

今平周吾にマスターズ特別招待、日本人では13年の石川遼以来

4月に行われる今季の海外メジャー初戦「マスターズ」に、今平周吾が初出場することが決まった。マスターズ委員会が現地時間8日に発表した。


マスターズ委員会は慣例的に出場資格を有しない選手に特別招待枠として出場させてきたが、日本人選手がこの枠で出場するのは、2013年に3年連続で特別招待を受けた石川遼以来となる。

マスターズ委員会はかねてより、世界的なゴルフの発展に寄与するために特別招待枠を使用してきた。アジアからは中国、タイなど、ゴルフ急成長国からの選手がこの枠で出場してきた経緯がある。

昨年末の世界ランキングで53位に終わり、50位内の出場資格を逃した今平だったが、大会前週の同50位内に入り、出場を目指していた。昨年の国内男子ツアーでの活躍が認められての特別招待。今週は「ソニー・オープン・イン・ハワイ」に出場する今平。昨年婚約した若松菜々恵さんを「オーガスタに連れて行きたい」と語っていたが、思わぬ朗報が新年早々舞い込んだ形だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索