マスターズ決まった今平周吾 “1週間前に知らされていた”出場にハワイから喜びの声

マスターズ決まった今平周吾 “1週間前に知らされていた”出場にハワイから喜びの声

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇8日◇ワイアラエCC(米国ハワイ州)>

昨年の国内男子ツアー賞金王・今平周吾が特別招待で「マスターズ」に出場することがわかった。大会を主催するマスターズ委員会が現地時間の8日に発表した。日本人選手は現時点で松山英樹、小平智、金谷拓実(アマチュア)に続いて4人目となる。


現地時間10日(木)にハワイで開幕する「ソニー・オープン・イン・ハワイ」出場のため会場入りしている今平が、喜びを語った。

「1週間くらい前に招待状を送るよという連絡が来ました。直接電話がかかってきました。最初はマネジメントをしてくれているところにメールが来たようです。すごくうれしかったです」

子どものころからの夢と語っていたマスターズ出場。昨年末の世界ランキング50位内の資格で出場を目指したが、同53位に終わった今平。大会前週の同50位内での出場を目指してきただけに、思わぬ形での出場決定となった。

「50位に入って出たいというのが、急に出られることになって、ちょっとビックリしています。いままでで一番うれしいですね。マスターズに出るのが夢でした」

昨年は国内1勝にとどまったが、トップ10が14回と圧倒的な安定感で初の賞金王に上り詰めた。婚約も発表し、充実の年を過ごしたが、心残りは1勝に終わったこと。今季は「3勝はしたい」と鼻息は荒い。

今週のハワイから、次週は国内ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」に出場。その後は、「出られる試合には出たい」と、海外試合をこなす予定。現時点では2月の「WGC―メキシコ選手権」出場がすでに決まっている。

かつては、日本の賞金王は毎年出場してきたマスターズだったが、あくまでも世界ランキングで50位内をクリアしてきてのこと。特別招待という枠での出場は異例といっていい。「賞金王でも出られないという話を聞いていたので、厳しいなとは思っていた。できれば、マスターズに出るときには(世界ランキングで)50位内に入りたいというのはありますね」と意気込む。

躍進を遂げてきた今平にとっては、初の夢舞台。自身がオーガスタの地に立つ姿は「全然想像つかないですね」と話すが、実績と将来性をかわれての特別招待。日本の小さなキングが海外勢に立ち向かう姿をマスターズ委員会も期待しているに違いない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索