今年の抱負は「猪突猛進」 松山英樹が2019年の“スタートダッシュ”に意気込み

今年の抱負は「猪突猛進」 松山英樹が2019年の“スタートダッシュ”に意気込み

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇8日◇ワイアラエCC・米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

2019年の初戦を迎える松山英樹が、2年ぶりの出場となる「ソニー・オープン・イン・ハワイ」開幕を2日後に控えた現地時間8日(火)に報道陣の取材に応じた。


ケガなどの影響もあり未勝利に終わった昨季。今年は、そんな一年を払拭するような活躍に大きな期待がかかるが、本人は「(新年といえど)特に変わったことはないです」といたって冷静。肩ひじ張ることなく、ここハワイの地で調整にいそしむ。

会場入りした現地時間6日(日)には、母校・東北福祉大の後輩、金谷拓実とともに練習ラウンドを実施。コースの感触については、硬くクセのあるグリーンに警戒を示したものの、「2年ぶりの出場で、多少(コースに)変わったところはあるけれど気にはならない」と大きな問題はなさそうだ。

その練習ラウンドの際には、日本でも近々発表のテーラーメイドの新作『M5』など複数のドライバーを試す姿も見受けられたが、テストをしているクラブについては「今回は使わない。色々試しているけど、一発目から使うことはないです」と慎重な構え。昨年の「全米オープン」前に破損したキャロウェイの『GBB』に替わるエース探しが、今年も並行して行われる。

短いオフには日本に帰り、東北福祉大での報告会などに参加。それでも「忙しい時もありましたけど、ゆっくりもできたので」と、疲れを残さず“初戦”に入ることができた。そんな松山の今年の抱負は「猪突猛進」。今年の干支でもある亥(いのしし)にかけて、ひたすらに前へと突き進んでいくことを宣言した。

4月に今季の海外メジャー初戦「マスターズ」を迎え、悲願のメジャー制覇に向けた戦いも始まる。これについては「その意識はありますが、まずはここからの試合でしっかりと上位争いをして、(マスターズ前までに)優勝できたらいいですね」と決意を口にした。抱負の言葉通り、2019年の序盤からフルスロットルで駆け抜けていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索