キーワードは「33」 ぞろ目の池田勇太が4度目のハワイ決戦へ

キーワードは「33」 ぞろ目の池田勇太が4度目のハワイ決戦へ

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 事前情報◇8日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

開幕を目前に控え、池田勇太が節目の新年を穏やかに、かつ熱く迎えている。


現地時間の10日に開幕する「ソニー・オープン・イン・ハワイ」は4年ぶり4度目の出場。過去3回はいずれも予選落ちと悔しい結果に終わっているが、今年は意気込みが違う。「平成の最後に33歳になった。気合の入れすぎはよくないけど、自分にもいろいろ期待したいですし、(周囲にも)応えたい」。年末の12月22日に33歳のぞろ目を迎えた若大将は、落ち着いた様子で今季への意気込みを語った。

国内男子ツアーでは2016年に賞金王。世界ランキングもぐんぐん上がり、17、18年はシーズン前半を海外で過ごしてきた。世界選手権シリーズ、海外メジャー、そのほかの欧米ツアーに積極的に出場してきたが、思うような結果を残すことはかなわず、気づけば同ランキング92位まで落ちている。

16年末には自己最高の同33位だった男が、再び世界の舞台で戦うには、今年のスタートが大事となる。本来ならば今季も海外転戦をしたいところだが、「自分の動きとしては変わらないけど、ランキングの順位がこれだけ下なので、出られるところで成績を出して、結果を残していくしかない」と、まずは再び同ランキング浮上を目指すことになる。

ソニーオープンのあとは国内ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」と、海外2連戦。「(年末年始は)忙しかったけど、ゴルフ勘をなくしてはいけないと思っていたので、ゴルフをする機会を多くした。昨日、今日と考えながらプレーできている」と、準備が順調に進んでいることもアピールする。

09年からはじまって、国内ツアーでは10年連続勝ち星を挙げてきた男も30代半ばに差しかかろうとしている。世界ランキング最高位「33」、そして年齢も「33」。敬愛するジャンボ尾崎が好むのも「33」と、めでたいぞろ目の年。勝負の年となる19年は、まずはハワイから勢いをつける。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索