アジアアマNo.1の金谷拓実は初の米ツアーで予選落ち 「マスターズでベストアマ目指して頑張る」【2日目コメント集】

アジアアマNo.1の金谷拓実は初の米ツアーで予選落ち 「マスターズでベストアマ目指して頑張る」【2日目コメント集】

<ソニー・オープン・イン・ハワイ 2日目◇11日◇ワイアラエCC、米国ハワイ州◇7044ヤード、パー70>

日本勢7人が出場する「ソニー・オープン・イン・ハワイ」。今平周吾が初日からの好調をキープし、2日目も3ストローク伸ばす活躍をみせ上位で決勝ラウンドに進出した。また初日52位タイだった松山英樹も「67」をマーク。順位を上げて3日目に臨んでいる。以下、2日目終了時の日本選手のコメントを紹介。


■今平周吾(8アンダー・7位タイ)
「今日もショットが良く、不安材料も今のところない。風のジャッジも難しかったけど、耐えながらできた。まずはトップ10を目指してがんばりたい。優勝はスコアを大きく伸ばさないと難しいと思うけど、1日1日ベストを尽くしたい。(爆発的なスコアは)僕は出ないと思うけど、コツコツやっていく」

■松山英樹(4アンダー・35位タイ)
「昨日良かったアイアンショットが、なかなかうまく打てず、1日の中で修正できなかった。今はロングゲームとショートゲームに不安があるので、アイアンショットがうまくいかないと厳しい戦いになる。ビックスコアを出さないと優勝は厳しいので、それを明日出せるように頑張りたい」

■稲森佑貴(3アンダー・46位タイ)
「昨日よりはショットも良かった。完璧という状態ではなかったけど、パターでしのげた。途中から風も吹いてきて、計算が難しかったけど、何とか切り抜けることができた。ショットが立ち直ってきたので、決勝もひたすら上位を目指して、思い切ってやっていこうと思う」

■星野陸也(2アンダー・65位タイ)
「パターがまったく入らず、流れがつかめなかった。パットのラインで悩み、それが他のことにも影響してきて、うまくいかない一日だった。(米ツアー2試合目だが)全米オープンの経験は生かせた。でも最後の詰めの甘さが…。日本ツアーでも優勝争いに食い込めないのはそのせいかなと思う。こういうシビアな世界は迷ったり、中途半端な気持ちじゃダメ。決めて打たないとと思った」

■金谷拓実(1オーバー・109位タイ※予選落ち)
「イージーなパットを外したり、アプローチを寄せられなかったり、やるべきことができずに終わってしまったので悔しい。(初の米ツアーだが)今回は自分のプレーがあまり良くなかった。コースという面ではグリーンのスピードの速さに合わせられなかった。マスターズまでは、(学校のある)仙台に帰って練習。今回見つかった課題を修正しながら、ベストアマを目指して頑張る」

■池田勇太(2オーバー・114位タイ※予選落ち)
「巻き返さないとというところで、前半の3つのボギーが流れを崩してしまった。スタートダッシュを決めたいところで、出遅れるというのはきついものがある。昨年もそうだけど、そんなに悪いゴルフではないのに、スコアに結びつかないというのは何か原因がある。今の自分の課題を考えて、次の試合につなげたい」

■小平智(3オーバー・118位タイ※予選落ち)
「今日は何もいいところなく終わった。ショットの調子はそんなに悪くないけど、(今大会は)いつもそんなにいい成績ではなく、いけそうと思った時もなかなか成績が出ない。コースが合っていないんでしょうね。調子自体は悪くないし、そこまで気持ちは落ちていない。これから山登りに行こうと思ってるくらい、疲れも残っていない」

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連ニュースをもっと見る

関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索