<中間速報>今平周吾とS・ビンセントが首位で後半へ 稲森佑貴、星野陸也が上位争い

<中間速報>今平周吾とS・ビンセントが首位で後半へ 稲森佑貴、星野陸也が上位争い

<シンハン・ドンヘ・オープン 3日目◇21日◇ベアズ・ベスト・チェオンナGC(韓国・仁川)◇7238ヤード・パー71>

韓国で行われている日本、韓国、アジアンの3ツアー共催大会3日目。昨年の日本ツアー賞金王・今平周吾がトータル9アンダーで前半のプレーを終え、スコット・ビンセント(ジンバブエ)とともに首位に立っている。


ハム・ジョンウ(韓国)とJ・クルーガー(南アフリカ)の二人がトータル7アンダーの4位タイ。首位と3打差のトータル6アンダーにこの日スコアを伸ばしている星野陸也がつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索