劇的チップインを生んだウェッジ アイアンシャフトの“番手ずらし”も効果大【勝者のギア】

劇的チップインを生んだウェッジ アイアンシャフトの“番手ずらし”も効果大【勝者のギア】

2日目終了時にはトップの申ジエ(韓国)に8打の大差をつけられながら、劇的な逆転勝ちをおさめた渋野日向子。またしても、見る者に強烈なインパクトを与える勝利で、「デサントレディース東海クラシック」で今季国内3勝目を挙げた。


なかでも印象に残ったのは、16番パー3で見せたチップインバーディだろう。ティショットが「外れてはいけない難しいほう」と警戒していたグリーン左横のラフにつかまり、1つ前の15番でバーディを奪いトップに並んだイケイケムードに、水を差すかもしれないピンチが訪れた。

カップまでは15ヤード。ここで握ったのが、今季使用を続けるウェッジ『PING GLIDE FORGED』の56度だった。素振りで慎重にイメージを作りクラブを振り抜くと、ボールはカップめがけて転がり、そのまま吸い込まれた。緊張の面持ちが一転して笑顔となり、2度強くガッツポーズ。トータル13アンダーまで伸ばし単独トップに浮上する“決勝バーディ”となった。

「最近アプローチがうまくいかない場面が多かったなかで、決まったのが本当にうれしかった」。今季リカバリー率14位につける渋野の守備面を支える1本が、終盤に大仕事を果たした。

また先週の『日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯』から、アイアンのシャフトにも工夫を施している。フジクラコンポジットの『MCI 80-R』を挿しているのだが、本来6番用のものを5番に挿し、通常よりも硬いシャフトにする“番手ずらし”を行っている。

渋野を指導する青木翔コーチが「(アイアンの)ヘッドがしっかりと戻ってきていなかった」と話すように、8月の海外女子メジャー「全英AIG女子オープン」後、一時インパクトのタイミングに若干のズレが生じていた。その解消に向け、「番手をずらして、これまでよりも“張り”のあるフィーリングが出るように組みました」(メーカー担当者)と、この方法がとられた。

これによりイメージ通りのタイミングが戻り、ターゲットに向かってしっかりと打てていることに、渋野本人も手応えを感じている。今大会のパーオンは54ホール中42を記録。77.7%と高水準を保った裏には、このような工夫が隠されていた。

セッティング自体は、ユーティリティのロフト角が変わったなど多少のマイナーチェンジがあったものの全英優勝時などとは大きく変わらず。信頼のおける14本を巧みに操り、大逆転劇を演じきった。

【渋野日向子のクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:PING G410 PLUS(10.5度)
(フジクラ/Speeder569 EVOLUTION VI/SR/44.75インチ)
3W:PING G410 LST フェアウェイウッド(14.5度)
5W:PING G410フェアウェイウッド(17.5度)
UT:PING G410(4U・22度、5U・26度)
5〜W:PING i210
W:PING GLIDE FORGED(52、56度)
PT:PING SIGMA2 ANSER
BALL:タイトリスト PRO V1

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索