“点から線へ” 原英莉花、インパクトゾーンのひらめきとパターインサート変更で「これキター」

“点から線へ”  原英莉花、インパクトゾーンのひらめきとパターインサート変更で「これキター」

<日本女子オープンゴルフ選手権 初日◇3日◇COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース QUEENコース(三重県)◇6479ヤード・パー72>

首位とは3打差。ここ数週間、不振に陥っていた原英莉花が快調にスコアを伸ばした。ショット、パットともに光明を見いだし、7バーディ・2ボギーの「67」。5アンダーの7位タイという結果に笑みを浮かべた。


ツアー初優勝を挙げてからもトップ10をにぎわし、2勝目も近いと言われている原だが、9月に入ってからは調子を落とした。「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」では予選落ち。翌週の「デサントレディース東海クラシック」では予選を通過するも、最終日は「81」を叩き最下位に終わった。先週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」でも予選落ち。「結構、メンタルがきていて…」と、悩み深き時期を過ごしていた。

そんな状態からの脱却は、今週ふいに訪れた。まずはスイング面。「ボールをしっかり押せていなかった。点で打とうとしていたのを、インパクトゾーンを長くするようなイメージにしたらうまくいった。ずっとトップに意識がいっていたのを、前に意識がいくことによって、出球がそろってきました」。

トップからダウンスイングで「当てに行く」スイングから、インパクトを長い線で捉え、フォロスルーまで意識することで、方向性、弾道をそろえることに成功。「クラブへの不安とかはありましたが、結局は自分のスイングの問題でした」。自ら改善策を見つけ、「それだけに徹しました」とフェアウェイキープ14ホール中10回、パーオン成功も14ホールと安定したパフォーマンスを発揮した。さらには、こちらも悩みが深かったパッティングでも、ひらめきがあった。

師匠のジャンボこと尾崎将司から譲り受けたパターなど、今季は数種類を使ってきたが、現在使用するのは『オデッセイ ワークスBIG T BLADE』。今週はこちらもひらめきで、パターのインサートを変更した。「距離感とイメージが一致しました」と、デサントの最終日には「35」まで落ちたパット数が、この日は「27」パット。スコアメイクの肝が、まさに機能した。

今週、入れたインサートは、オデッセイの名作『ホワイトホットインサート』。あの、白いインサートの初期モデルだ。「音と感触が合っていて、『これキター』と思いました(笑)」と、耳から入る音と、手に伝わる感じが完全一致。10番では7メートル、12番では10メートルのロングパットを読み切り、沈めてみせた。

飛距離が武器のショット力はツアー随一。そこにきて、新エースインサートが見つかったとなれば、あとはビッグタイトルに向けてさらにスコアを伸ばすのみ。首位との3打差を徐々に詰め、一気に爆発といきたい。(文・高桑均)

<ゴルフ情報ALBA.Net>


関連記事

ゴルフ情報ALBA.Netの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る