<キャンビア・ポートランド・クラシック 2日目◇19日◇コロンビア・エッジウォーターCC(米オレゴン州)◇6467ヤード・パー72>

第1ラウンドの残り1ホール、さらに第2ラウンドをプレーした2日目の渋野日向子は、ドライバーショットをパワフルに振り切り「今年に入って一番のショットが良かった。よくここまで戻ったな」と笑顔。「69」をマークし、トータル4アンダーまで伸ばしたショット面は大満足の様子だった。ただ一方で「パッティングが入らない、ほんとにもったいない1日だった」と悔しさも滲ませた。


早朝、前日日没で残った1ホールの18番をプレー。バンカーから3mにつけてパーセーブすると「あれで良い流れを保てた」とその後のプレーにつなげた。第2ラウンドに入ると、まずスタートの10番パー5で第3打を1.5mにつけてバーディ発進。次々にショットはピンに絡んだのだが、惜しいパットがなかなか入らない。11番で3m、12番で1.5m、14番は2mを外してパー。15番でようやく1.2mを沈めると、大きく息を吐いて笑みをこぼした。

しかしその後もグリーン上での苦戦は続く。17番で2mのチャンスを逃すなど、なかなか伸ばしきれなかった。それでも18番で、しっかりと2.5mのパーパットを沈めるなど要所は締めていった。後半に入ってもショットの好調ぶりは衰えを見せない。2番で1.2mにつけると、ここでバーディー。7番パー5では、ピンから10mの位置に2オンさせきっちりとスコアを伸ばした。

悔やまれるのは最終9番のパー4。グリーン前のラフに外すと「ちょっとぬかるんでいたけど、(ボールが)浮いていたので大丈夫かな」と打った第3打が“ちゃっくり”に。この日初めてのボギーで一歩後退した。

ここまで苦戦続きだったショットは、完全復調とも言える状態だ。その要因として「リズムの意識」を渋野は挙げる。「口には出さないけれど、心の中で“チャー・シュー・メン”と唱えながら、この36ホールを回っている」のだと言う。「それがマッチしてくれた。パットが入らずちょっとイライラする部分もあったけれど、ショットの調子が良いので悪循環にならなかった」と平常心を保つことができた。

パッティング次第では、まだまだ伸ばせるチャンスもある。「パットが決められたらきょう以上のスコアは出る。(日程短縮で)決勝は1日しかないけれど、伸ばせるところまで伸ばしたい」。あと1日で、トータル4アンダーからどこまで浮上できるか? シブコ・スマイルが炸裂することを期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>