<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 初日◇26日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6,543ヤード・パー72>

地元宮崎県出身の永峰咲希が、初日を終えてイーブンパーの22位タイにつけ、首位と5打差で2日目に向かう。今年は9月の「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」でツアー2勝目を飾り、地元に凱旋。慣れ親しんだ地で国内メジャー2勝目を目指す。


前半を1アンダーとして折り返したあとの後半では「もうちょっと伸ばしたかった」とチャンスを決めきれずに終わってしまった。それでも「ショットの調子自体はそんなに悪くないし、今日もチャンスはいっぱいありました。明日はもっとチャンスをいっぱい増やして、いいところからバーディパットを打てれば入ってくれると思うので頑張ります」と前を向く。

地元の大声援を受けてとはいかないのが、今大会も無観客開催だから。そんななかでも、宮崎の温かさを感じることはできた。今週は宮崎市から宮崎牛、宮崎ブランドポークの提供があり、これを堪能した永峰も笑顔。「すごい柔らかくておいしいです。私も普段あんまり宮崎牛を食べられていないので、うれしいですね」と名産品に舌鼓を打った。

味については「てげうめぇ」と宮崎弁で感想を述べた永峰。お肉パワーで、2日目は一気に浮上といきたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>