<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇2日◇琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県)◇6561ヤード・パー72>

指定練習日となった2日(火)、渋野日向子が2021年の初戦となる「ダイキンオーキッドレディス」に向けて調整を開始。そのバッグにはなんと6番アイアンが2本入る予定だという。


バッグインするのはPING『i210』と『G425』の2本。7番以下は9番まで『i210』、PWはなく、『GLIDE 3.0』ウェッジが4本入る。この6番が2本入るセッティングにはどういった意図があるのか。PINGの担当者に聞いてみた。

「シャフトを0.5インチ伸ばしたG425の6番アイアンが、これまでの5番アイアンの代わりとなります。(5番アイアンの距離を打つ際の)優しさを求めて、ここ1カ月くらいこのセッティングにしています」(担当者)

続けて「弊社の金谷拓実プロも5番アイアンを2本入れています。こういったセッティングが今後増えていく可能性はあると思います」とも。また、ウェッジが4本入っていることに関しては「今はグリーン周りを集中して練習しています。アプローチのバリエーションを増やす狙いがありますね」と話した。

クラブだけでなく、1.2メートルのスティックを用いたパッティング練習など、21年は多くの新兵器を投入予定の渋野。東京五輪や米ツアー出場権など結果が求められる勝負の1年は、開幕戦から様々なものを試していく。

【渋野日向子の開幕セッティング(予定)】
1W:PING G410 PLUS (9.5°、VENTUS 5、44.75インチ)
3W:PING G425 MAX
5W:PING G425 MAX
5U:PING G425
6I:PING G425
6I〜9I:PING i210
W:PING GLIDE 3.0(46°、52°、55°、58°)
PT:PING SIGMA 2 ANSER

<ゴルフ情報ALBA.Net>