<AT&Tバイロン・ネルソン 最終日◇16日◇TPCクレイグランチ(テキサス州)◇7468ヤード・パー72>

米国男子ツアーの「AT&Tバイロン・ネルソン」最終日。2位からスタートした日本ツアー2勝のイ・キョンフン(韓国)がトータル25アンダーで逆転優勝。これで次週の「全米プロゴルフ選手権」の出場も決まった。


本大会の韓国人選手優勝は2013年のベ・サンムン、19年のカン・スンに続いて3人目。韓国人選手の同ツアー優勝は8人目となった。

3打差の2位にサム・バーンズ(米国)。トータル21アンダーの3位タイにダニエル・バーガー、スコット・スターリングス、パットン・キジーア(いずれも米国)、チャール・シュワーツェル(南アフリカ)が入った。

小平智は8バーディ・3ボギーの「67」で回り、トータル17アンダーの13位タイ。松山英樹は4バーディ・2ボギーの「70」、トータル12アンダーの39位タイで大会を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>