<宮里藍 サントリーレディス 事前情報◇18日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(兵庫県)>

6月10日開幕の国内女子ツアー「宮里藍 サントリーレディス」は、無観客で行われることが決まった。本日18日、主催のサントリーホールディングス、フジテレビジョン、関西テレビ放送が連名で発表した。


昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった本大会。2年ぶりの開催となるが、ギャラリー、選手、ボランティアなどの安全を考慮し、今回の決断に至った。これで今年のレギュラーツアーでの無観客開催は11試合目となる。

前回の2019年大会では、最終日に順延となった第三ラウンド、最終ラウンドが行われる長期戦を制した鈴木愛が優勝。宮里藍からトロフィーを受け取った。

■大会アンバサダー宮里藍のコメント
2020年は本当に未曾有の1年でした。プロゴルファーとしてはもちろん、人として様々な事を考えた一年であったと思います。私の周りのアスリートや友人、家族とも沢山コミュニケーションを取りながら自分の今まで置かれていた環境がどれだけ幸せで、恵まれていたのかを心から実感しました。

そして有り難い事に、今年の30回記念大会の開催が決定となり、アンバサダーとして大会関係者と共に、感染症対策をしっかりとったうえで安全に大会を迎えられるよう日々考えています。

この状況下での無観客試合は非常に難しい決断ではありますが、ゴルフファンの皆様に置かれましては是非テレビを通じて応援して頂ければ幸いです。また、出場するプロの選手やアマチュア選手には、引き続き本大会を通じて、少しでも成長し、世界に羽ばたいて貰える大会になるようコースセッティングも含めて、しっかり携わっていきたいと思います。

この30回記念大会から全英女子オープン出場に繋がる大会にもなったことで、これまでとはまた違ったモチベーションが選手には出てくると想像しています。2年ぶりのサントリーレディスオープンで、どんな熱い戦いが繰り広げられるのかとても楽しみにしています!

<ゴルフ情報ALBA.Net>