<全米オープン 最終日◇20日◇トリーパインズGCサウスC(米カリフォルニア州)◇7652ヤード・パー71>

上がり2ホール連続で長いパットを沈めてバーディ。トータル6アンダーまで伸ばしたジョン・ラーム(スペイン)が逆転でメジャー大会初優勝を飾った。スペイン人として本大会初優勝。4月にはパパとなったが、2週前にはコロナ陽性で首位から強制棄権していた。そんなラームが自身最初の父の日に、奇跡的で歴史的な勝利を挙げた。


首位と3打差からスタートした最終日。出だしで連続バーディ。その後ボギーを一つはさみ9番でもバーディ。サンデーバックナインに入った。後半に入るとパーをセーブしながら耐えた。最後はルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)との一騎打ち。そして迎えた17番。7メートルの下りのスライスラインをねじ込むと、最終18番でも5.5メートルの下りのスライスラインを沈めて大きく吠えた。

2週前の「ザ・メモリアルトーナメント」では第3ラウンドを終えて2位に6打差をつけ首位に立ちながら、事前に受けたPCR検査の陽性が判明。強制的に棄権を余儀なくされ隔離に入った。その後、陰性が確認され迎えた復帰戦。2017年「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で米ツアー初優勝を挙げ、ケリー夫人と結婚式を挙げたこのトリーパインズで世界一に輝いた。

「この場所はスペインの故郷に本当にそっくり。景色も気候もすべてが似ている。最初に勝ったこのグリーンでこうして勝つことができて信じられない」。故セベ・バレステロスやホセ・マリア・オラサバル、セルヒオ・ガルシアなど母国の先輩がなし得なかった全米制覇を苦難を乗り越えたぐり寄せた。

隔離中にはスペインから両親が訪れ孫と初対面も果たした。そして父の日となった最終日。「3世代のラームがここにいる。一人は何が起こっているか分からないだろうけどね」と、父の前で父になったばかりのラームが「ここで起きなければいけなかった」という劇的勝利を家族に捧げた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>