<住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 初日◇17日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知県)◇6502ヤード・パー72>

国内女子ツアー「住友生命Vitalityレディス 東海クラシック」が開幕。19年大会覇者の渋野日向子は8時45分に賞金ランキングトップを走る稲見萌寧と、昨年大会覇者の古江彩佳とともにティオフ。スタートの1番ホールをパーとしてコースに飛び出した。


朝イチのドライバーショットは右ラフにミスした渋野。セカンドショットはグリーン手前の花道に。これをウェッジで1.2メートルに寄せて、しっかりパーパットを沈めた。稲見と古江もパーで2番ホールに進んでいる。

現時点でトップを走るのは、今年6月のプロテストに合格したばかりの18歳、佐久間朱莉。スタート1番ホールから3連続バーディを奪って3アンダーまでスコアを伸ばしている。1打差の2位タイにアプローチだけ左打ちの服部真夕と、今シーズン2勝を挙げている西村優菜が続いている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>