<住友生命Vitalityレディス 東海クラシック 最終日◇19日◇新南愛知カントリークラブ美浜コース(愛知県)◇6502ヤード・パー72>

台風接近の影響で2日間の短縮競技となった今大会は、最終ラウンドが終了した。首位と5打差でスタートした西村優菜が9バーディ・ノーボギーの「63」と大爆発。トータル10アンダーで逆転し、今季3勝目を果たした。


ツアー初優勝がかかっていた植竹希望は最終18番で池に入れて、痛恨のダブルボギー。大里桃子と並ぶトータル8アンダー・2位タイに終わり、初タイトルはお預けとなった。

渋野日向子は「68」をマークし、トータル6アンダー・4位タイ。ツアーでは今年初のトップ5入りとなった。

2週連続優勝を狙った稲見萌寧はトータル3アンダー・13位タイで大会を終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>