<シモーネ・アジアパシフィックカップ 事前情報◇17日◇ポンドック・インダGC(インドネシア)◇6806ヤード・パー72>

インドネシアで明日18日(木)に開幕する「シモーネ・アジアパシフィックカップ」。54ホールのストロークプレーと2人ひと組の合計によるチーム戦も同時に行われる。「AIG女子オープン」(全英)で3位に入った渋野日向子は、スコットランド以来の実戦の場にこの地を選んだ。


AGLF(アジア・ゴルフ・リーダーズ・フォーラム)が主催の招待試合で、渋野のほかにも海外女子メジャー覇者のリディア・コ(ニュージーランド)、キム・ヒョージュ、ユ・ソヨン(ともに韓国)ら、名だたる選手が出場する。

渋野が主戦場とする米国女子ツアーや日本女子ツアーとは関係ないが、「大会の趣旨として(アジアゴルフの)アマチュアも盛り上げたいというのがあったので賛同しました」と、明治大学ゴルフ部で活躍する妹の暉璃子(きりこ)さんをチームメイトに誘って参戦を決めた。

今大会の位置付けとして「チーム戦っていうのもありますし、ちゃんとした大会なのでそれなりの結果を残したいと思っていますけど、今回の目当てというか、個人的な注目はこっち(暉璃子さん)なので。明日一緒に回れるのが楽しみ」と、プロトーナメント初出場となる妹のプレーに視線を注ぐ。

渋野の元に今大会の出場オファーが届くと、すぐに暉璃子さんに声をかけた。「『インドネシア行く?』って聞いたら、海外ならどこでもいいから行きたかったっていうから、『じゃあ行こう』って。最初は自分が選手で出ると思っていなかった感じで…」。選手として試合に出場することを伝えたのは、最初に声をかけてから数日後だったという。

それでも暉璃子さんは「いい経験になるかなと思って。なかなか海外でゴルフすることもないし、プロの試合も初めてなので行けるなら行ってみようかな」と出場を決めた。

明治大学2年生の暉璃子さんは、ベストスコア「69」で大学卒業後にプロテストを受験する予定。「私より30ヤード以上飛ぶ。昨日の練習ラウンドでは40〜50ぐらいおいて行かれたかも」(日向子)という飛距離が持ち味だ。

学年でいえば4つ違い。ジュニア時代から同じカテゴリーで戦ったことはなく、初共演となる。「すごく新鮮だし、チーム戦だろうが負けたくないです。妹に負けないように頑張ります」(日向子)と意気込めば、「結果としてお互いの差が見えるのは今回初めて。自分も負けないようにがんばります」(暉璃子さん)と互いにいい刺激を与えている。妹にも注目が集まるが、切磋琢磨する渋野姉妹のチーム力に好影響を与えそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>