<マイヤーLPGAクラシック 事前情報◇12日◇ブライズフィールドCC(米ミシガン州)◇6556ヤード・パー72 >

先々週の「全米女子オープン」で2位、先週の「ショップライトLPGAクラシック」で21位タイに入った渋野日向子が3週連続で出場する。大会を中継するWOWOWのインタビューに応じ、「月曜日は休んで、ちょっとずつ回復してるんじゃないのかなと思っています」と体調は問題ないと話した。


先週は風が強いなか、3日目にはチップインイーグルを奪うなど、ショットで魅せた。「先週も比較的良いボールが打てているなと思うホールが多かったので、それがもうちょっと精度が上がればいいなと思っています。全米女子オープンでやっぱり少し良い感覚を持てたので、ちょっとずつ自分の頭の中がすっきりしてきているかなと思います」。明るい兆しが多い。

今週のコースについては、「すごくきれいなコースです。でも、周りのラフとかでも難しいしグリーンの読みも難しいかなと思うホールも多いです。距離が長いホールもあったりするので、まずはフェアウェイキープは大事にしなきゃいけないかなと思うホールも多いです」と攻略のポイントを挙げた。

昨年の優勝スコアはトータル21アンダーと伸ばし合いになることが予想される今大会。「しっかりとパー5で取れればいいなと思いますし、なるべく落とさないように。バーディチャンスにたくさんつけられればいいなと思います。しっかり4日間戦って。上位で戦えるように頑張ります」と意気込んだ。


<ゴルフ情報ALBA Net>